読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにち管理職

管理職のあなたを応援! 某元テニスプレーヤーのカレンダーではありませんが、日々使えそうなマネジメントのTipsをどうぞ!   行き詰まった時、悩んだ時などチェックしてみてください。

141.課題解決スキルの開発に向けて=フレームワークで整理してみよう

フレームワーク=物事を整理する際の思考の枠組み

情報収集は、何の脈絡もなく、とにかく集めれば良いというものではない。役に立たないような情報が増えてしまうと、かえって混乱するばかりだ。

だから、情報を整理するためにはフレームワークを活用することが効果的だ。

例えば、開発部門・製造部門・営業部門・間接支援部門といったビジネスプロセスという視点で集める。

自社・競争相手・顧客や市場といった内部・外部の要因を探るためには、3C分析やSWOT分析といったフレームを使う。

資源の情報は、ヒト・モノ・予算・期間などで集める。

このように、フレームワークを活用して、情報の領域や枠組みを考えながら、系統立てた情報を集めることが効果的だ。