まいにち管理職

管理職のあなたを応援! 某元テニスプレーヤーのカレンダーではありませんが、日々使えそうなマネジメントのTipsをどうぞ!   行き詰まった時、悩んだ時などチェックしてみてください。

338.所属する組織の構造や仕事のやり方が不安定だと強くストレスを感じる

新しい組織で仕事のやり方がまだ定まっていない場合は、意思決定への参加も少ないためにストレスを感じる。先が見えない不安もある。

そうしたストレスや不安を取り除くため、管理者は組織の使命(存在意義)を明らかにし、自分たちの職場が何を目指すのか、どんな価値提供をするのかを明らかにする必要がある。

さらに職場使命に向けた活動方法と具体的な達成基準を明確にし、これをメンバー各自に役割分担して、自分たちの仕事のやり方がどういうものなのかを共有し合わなければならない。

 

 

©2017 We’LL Consulting mit-ikeda All Rights Reserved.

 

337.人を管理する能力が未熟だと強くストレスを感じる

管理者の仕事量は多く、個人として業務遂行能力を発揮するには限度がある。ワンマンプレーは組織崩壊につながる。管理者が組織としての仕事をこなせるかどうかは、職場メンバーの協力にかかっている。

組織を運営するには、部下を管理する能力が不可欠だ。人をマネジメントする能力を身につけなければ組織は前進しない。

部下に仕事を達成するための裁量権と意思決定に関わる責任を与え、定期的に進捗状況を確認しフィードバックを実施する必要がある。これを繰り返すことで人を管理する能力が想像以上に高まることが実感できる。ストレスと不安が減っていく。

 

 

©2017 We’LL Consulting mit-ikeda All Rights Reserved.

 

336.自分に矛盾した要求がなされると強くストレスを感じる

例えば上司(役員)から、ある特定のやり方で仕事をするように希望され、それが自分の意見と対立する場合、管理者は強くストレスを感じる。

管理者はさまざまな要求からの矛盾を管理しなければならない。そして相手の要求に対してNOと言わざるを得ない事情を論理的に説明できなければ、矛盾のストレスを抱えたまま仕事を進めることになり、それは職場全体にマイナス影響を及ぼすことになる。

相手の事情を理解しながら要求の矛盾を管理する。そしてより高い成果をもたらすことが説明できれば、納得してくれるだろう。応援し協力してくれるだろう。

 

 

©2017 We’LL Consulting mit-ikeda All Rights Reserved.

 

335.課題を解決しようとするときに情報が不足すると強くストレスを感じる

管理者は効果的、効率的に課題や問題を解決しようとするが、その際に関係する情報が不足すると、強くストレスを感じる。特に現場の情報がないと不安になる。

現場の情報収集には、3CやSWOTといった分析が効果的だ。使える資源を確認する意味で事前に実施しておくと不安が減る。

また、日頃から部下と意見交換に意識的に取り組み、現場の情報が集まってくる職場環境作りを心掛ける必要がある。話を聞いてくれる上司になることだ。日頃の傾聴が重要だ。

 

 

©2017 We’LL Consulting mit-ikeda All Rights Reserved.

 

334.フェアなフィードバックをするための職場のルールは、メンバーと一緒に作ると納得感が高まる

職場ルール作りをするうえで大事なことは過去の経験を活かすことだ。自分がされて嬉しかった行動や逆にされて不愉快だった行動をメンバー全員で洗い出し、これに優先順位をつけていく。

すると職場で大事にしたい行動ややってはならない行動がはっきりと見えてくる。全員がイメージできる行動だから、納得性が高いルールになる。

 

 

©2017 We’LL Consulting mit-ikeda All Rights Reserved.

 

333.フィードバックするために管理者としての判断基準を明らかにする必要がある

どんな行動が職場にとってのプラスの影響行動であり、逆にマイナスの影響行動が何なのかを明らかにすることが、フィードバックするうえで必要な判断基準である。

上司が主観で判断し、しかもその判断がコロコロ変わるようではアンフェアである。信頼関係は崩れてしまう。

そうしたアンフェアな判断を回避しフェアなフィードバックをするためにも、職場で大事にする行動ややってはならない行動をルールとして明文化してメンバーと共有することは、職場文化を浸透させるうえでもとても重要だ。

 

 

©2017 We’LL Consulting mit-ikeda All Rights Reserved.

332.今後はやめてほしい行動や改善してほしい行動に対しては、ネガティブなフィードバックメッセージを伝える

部下の言動で、周囲にマイナス影響を及ぼす行為や本人にとって相応わしくない行動に対しては、ネガティブなフィードバックメッセージを伝える。

部下はネガティブメッセージを受け止めて考えることで気づきを得る。気づきによって人は意識を変え行動を変える。これこそが能力開発であり、部下の成長である。

 

 

©2017 We’LL Consulting mit-ikeda All Rights Reserved.