読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにち管理職

管理職のあなたを応援! 某元テニスプレーヤーのカレンダーではありませんが、日々使えそうなマネジメントのTipsをどうぞ!   行き詰まった時、悩んだ時などチェックしてみてください。

142.課題解決スキルの開発に向けて=事実情報を絞り込もう

確かな情報を知るためには、第三者からのまた聞きよりも、自分の目で確かめることが必要だ。事実を正確につかみ、これを課題設定や対策立案に繋げるためにも、事実情報をしっかりとつかもう。

そのためにも、「現場で、現物を手に取って、現実をこの目で捉える」という3現主義を実践しよう。出来るだけ自分が現場に足を運んで、自分の目で現状を見た方が正確で安心できる。

そして何よりも、こうした事実情報を伝えることは、相手を説得するための理由付けとして有効だ。根拠に乏しい理由付けでは、相手を説得することはできない。