読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにち管理職

管理職のあなたを応援! 某元テニスプレーヤーのカレンダーではありませんが、日々使えそうなマネジメントのTipsをどうぞ!   行き詰まった時、悩んだ時などチェックしてみてください。

67.コミュニケーションギャップの原因は、同じものを見ているようでも、実は別のものを見て話をしているから

「あの店はサービスがいいね!」・・・誰かがこう言ったとき、あなたがイメージするサービスとはどんなことですか。

値段が安い。おまけがある。接客が気持ち良い。料理のボリュームがすごい。

サービスという同じ言葉から各自が思い思いのイメージを持って話し始めたとすると・・・、言ってる意味や着地点が違ってしまう。

特にカタカナ言葉を使うとこんなことになりがち。

誤解を避けるためにも対象をはっきりさせ、内容を具体化したり定義づけて同じイメージを作ろう。

 

日常の例:

夫婦でドラマのワンシーンを観ているとき、夫は女優を見て、妻は男の俳優を見ていることがある。同じシーンを観たはずなのに感想はまったく別のものになるだろう。それが言い合いの原因か?